家づくり工房大門は三島市の住宅会社です。

住宅診断メニュー

中古住宅診断

中古の一戸建て住宅が
診断の対象となります。

診断のタイミング

j_17

標準診断の内容

外部調査

基礎 コンクリートのひび割れ、欠損、劣化などの確認
外壁 ひび割れ、欠損、シーリング材の破断欠損などの確認
軒裏 ひび割れ、欠損、雨漏り跡、シーリング材の破断欠損などの確認
屋根 破損、ずれ、ひび割れなどの確認
バルコニー 防水層のひび割れ、劣化などの確認

内部調査

ひび割れや劣化、沈み、傾斜など確認
雨漏り跡、ひび割れや劣化、傾斜などの確認
天井 雨漏り跡、ひび割れや劣化などの確認
建具 動作の確認
床下 コンクリートのひび割れ、欠損や木材の蟻害、腐朽などの確認
天井裏 構造材の劣化、欠損、雨漏り跡などの確認

設備機器調査

給水設備 配管の通水及び漏水などの確認
排水設備 配管の滞留、漏水などの確認
換気設備 換気扇の動作、異音、ダクト脱落などの確認
電気設備 照明器具の点灯確認

中古住宅診断のメリット

  • 既存住宅売買瑕疵保険に加入することができます
  • 住宅ローン減税の控除を受けることができます
  • 契約前の実施で欠陥住宅や買うべきでない住宅かどうかを判断できます
  • 建物の状態を正しく理解した上で取引することができます
  • 売主側だけでない見解を知ることができます
  • 売主との関係性を保った上で、補修箇所・改善点を指摘してもらえます
  • 入居後に発生するかもしれないトラブルの可能性を事前に知ることができます
  • 住宅資産価値を保持するのに役立つ、住宅診断報告書が手に入ります

持ち家住宅診断

持ち家の一戸建て住宅が
診断の対象となります。

診断のタイミング

j_18

標準診断の内容

外部調査

基礎 コンクリートのひび割れ、欠損、劣化などの確認
外壁 ひび割れ、欠損、シーリング材の破断欠損などの確認
軒裏 ひび割れ、欠損、雨漏り跡、シーリング材の破断欠損などの確認
屋根 破損、ずれ、ひび割れなどの確認
バルコニー 防水層のひび割れ、劣化などの確認

内部調査

ひび割れや劣化、沈み、傾斜など確認
雨漏り跡、ひび割れや劣化、傾斜などの確認
天井 雨漏り跡、ひび割れや劣化などの確認
建具 動作の確認
床下 コンクリートのひび割れ、欠損や木材の蟻害、腐朽などの確認
天井裏 構造材の劣化、欠損、雨漏り跡などの確認

設備機器調査

給水設備 配管の通水及び漏水などの確認
排水設備 配管の滞留、漏水などの確認
換気設備 換気扇の動作、異音、ダクト脱落などの確認
電気設備 照明器具の点灯確認

持ち家住宅診断のメリット

  • 現在の建物の状態を正しく理解することができます
  • 劣化状態を知ることで、修繕箇所・修繕にかかる適切な費用を把握することができます
  • 住宅資産価値を保持するのに役立つ、住宅診断報告書が手に入ります

こんな方は要注意!

  • ドアや窓から隙間風が入り、寒く感じる
  • 歩いていると床の一部が
    沈んでいる気がする
  • 部屋に違和感を感じる
  • 部屋にいると平衡感覚がとれない、
    くらくらする

住宅は一見、新築当時と変わらないように見えていても、雨風や直射日光による劣化が確実に進行しています。室内においてもカビやシロアリが見えない所で繁殖している可能性も否定できません。

時には、見逃していた劣化が原因で耐震性が脅かされたり、雨漏れや軋み・傾きなどで生活環境を脅かしてしまう場合もあります。築年数に関わらず、定期的に住宅の状況を知っておくことで、これらの危険性を回避し、安心して生活を送れるようにしましょう。

マンション住宅診断

新築マンション・中古マンションが
診断の対象となります。

診断のタイミング

j_19

標準診断の内容

外部調査

外壁 ひび割れ、欠損、シーリング材の破断欠損などの確認
柱・梁 ひび割れや劣化、傾斜など確認
軒裏 ひび割れ、欠損、雨漏り跡などの確認
屋根 防水層のひび割れ、劣化などの確認
バルコニー 防水層のひび割れ、劣化などの確認

内部調査

ひび割れや劣化、沈み、傾斜など確認
雨漏り跡、ひび割れや劣化、傾斜などの確認
天井 雨漏り跡、ひび割れや劣化などの確認
建具 動作の確認

設備機器調査

給水設備 配管の通水及び漏水などの確認
排水設備 配管の滞留、漏水などの確認
換気設備 換気扇の動作、異音、ダクト脱落などの確認
電気設備 照明器具の点灯確認

マンション住宅診断のメリット

  • 契約前の実施で欠陥住宅や買うべきでない住宅かどうかを判断できます
  • 建物の状態を正しく理解した上で取引することができます
  • 売主側だけでない、その建物に関する見解を知ることができます
  • 売主との関係性を保った上で、補修箇所・改善点を指摘してもらえます
  • 入居後に発生するかもしれないトラブルの可能性を事前に知ることができます
  • 住宅資産価値を保持するのに役立つ、住宅診断報告書が手に入ります

耐震診断

木造2階建て以下の軸組み工法の建物が
診断の対象となります。

耐震診断概要

古い木造(軸組み工法)住宅は耐震性能が低く、耐震対策を的確に行うには、耐震診断が重要になります。耐震診断により的確に問題点を把握でき適正な補強計画が行えます。

※住宅診断を行ったうえでのオプションとなります。

主な診断内容

壁の強さや壁の配置、劣化度、柱と壁の接合部分等を目視・調査機器による非破壊検査にて耐震診断を行います。

調査項目

屋根の重さ、壁の材質、
筋交いの有無や劣化状況
(基礎や外壁のひび割れ・雨漏り)など

耐震診断のメリット

耐震診断を行うと、「耐震基準適合証明書」の発行を致します。
発行することで、下記の様々なメリットを得ることができます。

  • 住宅ローン減税を受けられるようになります
  • 改修工事を行った場合は、建物に対しての固定資産税が半額になります
  • 登録免許税が減額になります
  • 不動産取得税が減額になります
  • 地震保険が10%~の割引になります

耐震基準適合証明書とは?

耐震基準適合証明書は、建物が耐震基準を満たしていることを証明する書類で、
建築士事務所登録を行っている事務所に所属する建築士でも発行可能です。
耐震基準適合証明書は買主・売主ともに実施でき、それぞれの立場における実施のメリットは下記になります。

個人の方のメリット

購入を検討している中古住宅の
耐震性能を知った上で、
安心して購入することができます。

耐震基準適合証明書を取得した場合、通常は対象外となる築20年以上の建物でも、年で最大20万円が所得税から控除されます。入居したその年から10年間で最大200万円の住宅 ローン控除が受けられます。
築20年を越える物件の取得を検討される場合、中古住宅を取得する前に「耐震基準適合証明書」を申請しておかなければ、住宅ローン減税は使えません。

※減税額は年収や扶養家族、借入金額、ローン金利、返済年数などで変化します。
※保険加入諸費用は申請代行費+保険料(100m²未満)で試算しています。

不動産業者の方のメリット

  • 耐震基準適合であると、購入者に安心を与えることができ、他社物件との差別化ができます
  • 購入者は税制優遇を受けられるため、より購入を検討してもらいやすくなります

検査報告書の作成・報告

・耐震診断や耐震改修、建替え等に補助制度があります。
(静岡県又は各市町村HPをご参照ください)

・補助制度をご利用の場合は、静岡県内にある住宅に限ります。

PAGETOP
Copyright © 家づくり工房 大門 Co.Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.